エントランスに光の波。


こんにちは。
本日は、職人さんではないわたしも少し携わった製品が仕上がりましたので、
ご紹介させていただこうと思います。

全体像はこのような感じです。
波をイメージしたレーザー加工の切り抜きと、乱反射した輝きが特徴の
天井まである大きなステンレス製品。

こちらは、伊豆の別荘内の玄関横の間接照明です。
特徴は、通常は間接照明というと、シェードの内側に光源があるのですが、
こちらは、天井の梁にある光源で外から照らし、波型のスリットを通して、
中に同じ模様の光が写しだされるようになっています。
(わたしは波型の構想をちょっとだけ案として出してみました)

左上のライトが製品を照らしています。

どこから撮影してもきちんと波型が見えにくく申し訳ないのですが、
奥の漆喰の壁に波型の光が映っているのがわかりますでしょうか?

それから、ステンレス表面の複雑な柄。
これはもともと加工されていたのではなく、様々な表情に見えるよう、職人が1つずつ手作業でつけた模様なんです。

上り框にもお揃いの加工のステンレスで装飾しました。

床材・漆喰の壁・ステンレスと素材とカラーのコントラストがとてもかっこいいと思います!
案を出した当初はどのような製品になるのか想像がつきませんでしたが、
このように施工された写真を見ることができてうれしいです。
ステンレスは強い素材なので、末永くお客様にきれいな姿を見ていただけると思います。



アーカイブ

カテゴリー